転職する時に一番見落としがちなこと

 前職を無事退職して、新しい職場に無事入社が決まった時に注意することがあります。転職の際の心構え等など、転職にまつわる注意点は数々ありますが、第一に注意を払う必要があるのは、転職者自身の体調管理です。

 

 転職する前の職場で円満退社し、新しい職場に対する希望ややる気に満ちている場合ならそのままの勢いで臨めばいいかと思います。しかし、大抵の場合は、何らかの転職者自身は前職場で心身ともに疲労しているのが常です。さして問題がなく辞職しても、引き継ぎ等などで身体は意外にも疲れているものです。また退職後も転職者自身は、新しい環境に対する不安を抱えるものです。そういう精神状態を含めた心身のままに、新しい職場に臨むのは危険があります。

 

 新しい職場では、転職者は全くの新人であり、転職者の事情や性格、仕事能力に対して誰も知っている人は周囲にいないのです。ですから、遅刻や欠勤は、例え病気等の致し方ない理由によっても、周囲は転職者に対して多少の不信感を与えかねないのです。

 

 転職する際は、心身を安めて、気持よく転職先に臨めるように体調管理を怠らないようにした方が良いです。体調が良ければ、新しい職場環境からの多少のストレスを受け入れられ、転職者の仕事能力がより速く発揮できるというものです。

 

 よって、転職者が一番留意しなければいけないことは、心的余裕がもてるように、体調管理につとめ、前職場でのストレスを予め発散させておくことが肝要です。


このページの先頭へ戻る