私が転職した際に感じたこと

 私は以前、長く勤めた会社を辞めて他社に転職したことがあります。まず転職をする際には、まず落ち着く必要があります。嫌なことがあったなどで衝動的に辞めると、必ず後悔をすることになるからです。まずは落ち着いて将来の展望や給料や待遇のことを冷静に考えましょう。転職をしたとして、それと同じほどの待遇が得られるでしょうか。今の時代はよほど特徴的な資格や経験がない限り、給料が増えることは稀です。むしろ年数による評価がなくなるので安くなるケースがたくさんあります。

 

 またそこの職場で抱えている問題は、何もそこだけではなく他の会社でもある問題かもしれません。そして勤続年数が長いほどに新しく人間関係を築くのは、大変な労力がいります。もともとあまりコミュニケーションが得意ではない方は自分なりの対策が必要です。

 

 そして今の仕事をしている中で就職活動をしましょう。必ずしも新たな働き先が見つかるとは限りません。ハローワークなどでの就職活動の場合、同じ職員の方と会い続ければその職場の問題点などを教えてくれる可能性があります。いい人がいたのならば同じ人に相談に乗ってもらいましょう。

 

 転職に成功したのなら前の職場でのことは技術を除き、忘れましょう。ルールは会社によって違います。前の会社と同じことをすると間違っていることは多くあります。まず最初に肝心なのは好印象を持ってもらうことです。第一印象は後まで続きますのでとても大切です。転職したのならその会社では貴方は新人です。初心の頃を忘れずに勤めましょう。


このページの先頭へ戻る