面接の心構え

 転職するときには、ステップがあります。つまり、書類応募→書類選考通過→面接→採用、です。したがって、当たりまえですが、まずは書類選考を通らなくてはなりません。しかし、転職の最終的な合否を決めるのは「面接」です。書類選考はある程度の内容があれば、クリアすることは可能ですが、面接はそれよりもかなりハードルが高く、しっかりと準備をし、しっかりと対応しなければ合格は望めません。

 

 そういう意味では、面接に関しては、転職の合否を決めるノウハウがたくさんありますが、その中でも今回は、「面接の心構え」について説明したいと思います。ほかにも、面接のときに見られるマナーや、面接時の受け答えの仕方、などもありますが、今回はここに絞ります。具体的な心構えは、3つあります。

 

1 基本的な部分で必要なのは「熱意」
 どんなに良い受け答えができたとしても、あるいはどんなに建設的なアイデアがあっても、それを話す人自身に対して「やる気がない」「覇気がない」と思われては、絶対に面接は通りません。

 

 その会社に入りたいという熱意、自分のキャリアを上げていきたいという熱意、新しい仕事に取り組みたいという熱意がまずは基本です。ですので、まずは熱意をもって、そしてその熱意が相手に伝わるような話し方と態度が取れるように意識して面接に臨みましょう。

 

2 多少のオーバーアピールでちょうど良い
 日本人は謙虚さを重視しますので、自分の実績や能力を少なめに表現することが節度だと思われがちです。しかし、面接ではそれはタブーだと思ってください。面接は「自分を売り込む場」です。

 

 積極的に、自分の実績、自分の能力をアピールしましょう。その内容が多少事実よりもオーバーであっても、正直言って、相手にはそれを判断できる材料はありません。ですので、オーバーアピール気味でよいですから、しっかりと自己PRしましょう。

 

3 相手の質問には「Yes」で答える。
 面接官は、応募者のやる気や積極性を重視します。ですので、どのような内容の質問をされても、まずは「Yes」で答えましょう。それが到底出来そうもない話であっても「Yes」です。

 

【人気記事】
高校中退で挑む就職 | 成功マニュアル
高校中退でも就職を成功させることは出来ます!

 

 面接の場で答えたことを入社後まで覚えていて、あの時ああいったじゃないか、といわれることはほとんどありません。もちろん、たとえば英語が喋れないのに「ペラペラです」と答えてしまった場合は、入社後に英語を使う仕事に就いた場合、非常に困ることにはなりますが、そういう内容でなければ、まずは「できます」「やります」「大丈夫です」と答えるスタンスで臨んでください。

 

 


このページの先頭へ戻る