会社の将来性を調べてから応募しよう

転職は人生でも数回しか行わない

 

 転職は何度も繰り返すことで、簡単に退職する人物と思われる危険性があります。相当なスキルを持っていて、どの会社でも必要とされる人材であれば、何回転職をしても仕事は見つかります。余程のスキルを所持していない限りは、転職の回数は最小限に抑えるに越したことはありません。業績の悪化によって給与が下がって、再び転職活動をする事態に陥らない為にも、事前に会社の業績や将来性を見極めることが大切です。

 

業績の推移や風通しの良さを把握する

 

 株式会社は業績の推移を見れるので、毎年どれぐらいの売上を誇っていて、数年でどれだけ成長したかがわかります。もし10年以上に渡って業績が全く変動していない場合は、将来性が低いと考えられます。業績が変動していないということは、ある意味安定していることにはなりますが、時代の流れに左右されて業績が悪化する可能性もあります。

 

 逆に、過去に一度業績が下がって持ち直している企業は成長中なので将来性があります。また、社内の評価制度や風通しの良さを調べて、どれだけ自分にとって働きやすい職場かを知ることが大切です。転職活動に夢中になってがむしゃらに応募するのではなく、入社後のことも考えて会社を選ぶことが重要です。


このページの先頭へ戻る